topimage

2016-12

西会津十三名山と八峠 選定発表会が行われました。 - 2016.12.21 Wed

「西会津十三名山と八峠」選定発表会が12月11日、西会津町の道の駅にしあいづ交流物産館よりっせで開かれました。名山では西会津最高峰の「疣岩山」など、峠は明治11年に英国の女性冒険家イザベラ・バードが茶屋に2泊した「車峠」などが選ばれました。主催した「西会津ぐるっと山ネットワーク」では、来年度から、選定された山や峠のトレッキングツアーを計画しています。
選定発表後、日本山岳会永年会員で日本三百名山全登頂を果たした豊島洋一氏が、西会津山岳 里山の魅力を訪ねて」と題して講演しました。
質疑では参加者から「なぜ13と8なのか?」という質問があり、薄代表は「日本は古くから13と8は縁起の良い数字とされていた。また会津では柳津町の虚空蔵様への十三子参りなど、十三は特に大切にされてきたのでこの数字を採用した。」と説明しました。

◇ 西会津十三名山 ◇
1 疣岩山(1658.5m)  
飯豊連峰の最南端に位置し、西会津町最高峰
2 鏡 山(1338.9m) 
 山頂は飯豊回廊の山々が指呼の近さに迫る大展望台
3 高陽山(1126.5m) 
 残雪時は飯豊連峰南面の全容を望める圧巻の山
4 代塚山(1231.6m)  
見事なブナ原生林の頂
5 冨士山(508.8m)   
漆窪・泥浮・小清水 冨士権現を祀った祈りと展望の山。日本で2番目に高い 「冨士山」
6 須刈岳(438.1m)   
作神様を祀る信仰の山。雨乞いも行われた
7 竜ヶ岳(531.6m)   
凝灰岩の岩山。岩肌が露出した山容は迫力がある
8 目指岳(650.3m)   
西林地区から見ると三角錐の美しい山。高野槇の北限
9 大倉山(950.2m)  
安座川水源の峰。展望はなく積雪期向き
10 木地夜鷹山(869m)
若いブナ林が魅力で展望も良好。神秘の沼「百戸沼湖」が眼下に
11 黒男山(980.4m) 
 未開の奥深い山だが展望良好で沼沢湖が指呼に。最近登山道開かれる
12 飯谷山(782.9m)
 雑木林の頂で展望あり。慶長大地震崩落のつめ跡が残る
13 鳥屋山(580.6m) 
一等三角点があり、会津盆地の眺望が素晴らしい
~番 外~      
1 蝉峠山(535.2m)  
野沢街の正面に見えて存在感あり。麓の岩井沢の春はお花畑
2 台倉山(863.1m) 
大山祇神社奥の院頂上
3 土埋山(696.5m)
 一等三角点の山で眺望良好も西会津からは登山道無し
4 長坂峰(1364.2m)
 川入方面の展望良し
5 高森山(1151.3m) 
フキデ沢源頭でブナ原生林
6 立石山(989.6m)  
森林管理署「査七」の林班座標がある
7 高 山(668.7m) 
 姫小松の頂も展望なし


◇ 西会津八峠 ◇
1 車峠
かつて3軒の茶屋があり、イザベラ・バードが2泊もした峠。峠の西側、綱木沢沿いの旧道は崩壊。
2 鳥井峠
かつて飯豊山の遥拝所「一の鳥居」があったことが峠の名の由来といわれる。
3 束松峠
1611年以降に開削された越後街道の峠。束松峠は間の宿扱いで、峠の2軒の茶屋は宿泊も可能だった。
4 九才坂峠
安座の水沢集落から新潟県阿賀町の土井集落間にある峠。この一つの峠を越すだけで野沢から津川に達することができた。
5 楢ノ木峠
かつての小川庄(今の津川、鹿瀬など)と山三郷(奥川・新郷・山都など)の境にある峠。8代藩主松平容敬(かたたか)公が休まれた場所には、町文化財指定の「上様小休所」の石碑がある。
6 花立峠
飯豊山の遥拝所として、花を飾ったのが峠の名の由来。今も峠にはその花を立てたといわれる石が残る。
7 陳ヶ峯峠
平安の頃より会津と越後を結ぶ街道で、米沢や北方の荷物はここを通って越後に運ばれた戊辰戦争の陣跡があり、新選組の斎藤一も戦っている。
8 杉峠
越後街道から御蔵入街道に通じる西方街道の最高所にある峠。かつて越後から南山御蔵入へ塩を運ぶ重要な「塩の道」だった。
~番 外~    
1 大出戸峠
出戸集落から新潟県阿賀町荒沢へ越える峠。さらに万治峠を越えて実川へ至る。
2 大倉峠
安座の関根集落から新潟県阿賀町の柴倉へ至る峠。西会津側は藪の状態。


発表に先立ち挨拶する薄定雄代表

2_20161221141458275.jpg
祝辞を述べる伊藤勝西会津町長

3_201612211415008e7.jpg
祝辞を述べる清水幹久にしあいづ観光交流協会長

4_20161221141501fc7.jpg
選定に至った経過、特徴を踏まえて十三名山が紹介されました。会場は60名もの山好きが集まりました。

5.jpg
八峠の発表では峠のいわれや歴史なども紹介されました。

6_2016122114152021b.jpg
記念講演を行う豊島洋一氏

西会津町・同気(どうき)食堂さんのご紹介 - 2016.12.20 Tue


西会津町で馬刺しを買うならココ!同気さん。
「バケツ肉」など斬新かつ、新鮮でボリューム満点な美味しいお肉を販売しているお肉屋さんですが、食堂もオススメ!!

同気食堂(どうきしょくどう)
店名の由来は、「お客様と同じ気持ちで」という意味が込められているそうです。

15589687_1428704273820291_6126112869010271417_n.jpg

いつ訪れてもスタッフのみなさんが、明るい笑顔で「いらっしゃいませ」と出迎えてくださるアットホームなお店。
ボリューム満点な定食やトンカツ味噌ラーメンなどのメニューが豊富なので、
お昼時は、男性客でいつも賑わっています!

野菜たっぷりの味噌ラーメンもおすすめですが、
お肉屋さんならではのインパクトあるおすすめメニューは、焼肉定食です!!!

どーん!!!!どうですか??? このボリューム感!                       
(※写真は単品のミニ馬刺しを追加しています)

15541114_1428704243820294_9105832907031067275_n.jpg

ジューシーで非常に柔らかい豚肉を塩コショウで味付けしたステーキ級の焼肉定食。
ご飯も山盛りですよ~◎
これで850円という価格だからホントにびっくりですよね!!!

焼肉定食+ミニ馬刺しもおすすめですよ~!!
馬刺しも臭みなく、新鮮で。
同気特製にんにく味噌+醤油のたれでいただくのですが、最高に美味しいんです!!!!
日本酒にもビールにも合いますよ~(笑)

店頭ではパック詰めされた馬刺しも販売されていますので、お土産にもおすすめです。

***店舗情報***
同気食堂
住所:西会津町野沢原町乙2168 (会津信用金庫 西会津支店の向いです)
TEL:0241-45-2852
営業時間:11:00~19:00(第3水曜定休日)

竹井友輝 漆マンガ展が開催されました。 - 2016.12.19 Mon


12/8~12/18にかけて、竹井友輝 漆マンガ展@西会津国際芸術村が開催されました。

竹井さんは新潟県生まれ。
世界一周や全国47都道府県での巡回展示会を実施するなど、本当に世界中を巡っておられる方です。

IMG_7519.jpg

IMG_7520.jpg


今回、西会津国際芸術村で開催されていた「漆マンガ展」では、道路に雪が残る風景や田んぼ等、
どこか見覚えのある農村風景が背景として登場していて気になったので、どこがモデルになっているのか竹井さんに聞いてみると、
「自分の生まれ育った新潟です」との事。
竹井さんが子どもの頃から見てきた風景がマンガの舞台になっているそうです。

写真ではスケール感が伝わりにくいですが、
下書きしたものを切り取り、工芸漆をエアブラシで吹き付けて作りだしているので、筆は一切使用していないそうです!

IMG_7521.jpg

「レジェンドオブソイヤ」って!!??(笑)(笑)
よく読むとなんかおもしろいことに気がつく・・色々ツッコみたくなるというか、おもしろい。
IMG_7522.jpg

IMG_7524.jpg

展示部屋に一歩入り込むと、その世界感に引き込まれ、ただただ「スゴイ!!」
しか出てこないほど。。
不思議な世界に入り込んでしまったという感じ。

IMG_7526.jpg

IMG_7528.jpg

主人公は獅子舞だし、セリフにも「ハリケェン・ワッショイ」とか「ソイヤ」とか祭り要素が満載です(笑)
IMG_7529.jpg

展示期間中は、竹井さんの制作風景も見せて頂いたり、どんな風に作品づくりをしているかお話し聞かせていただくことが出来ました。
IMG_7536.jpg

IMG_7540.jpg

作品の説明も丁寧にしてくださるし、竹井さんすごく優しい口調の方でした◎
IMG_7541.jpg

最後に、展示のアンケートに答えるとガラガラが回せるというおまけ付き。
私もアンケート記入後、ガラガラを回すと・・赤い玉がポロンっと出てきました!!!!
IMG_7535.jpg

IMG_7543.jpg

「えっ!?」当たりー!!!!
やった!竹井さん特製の漆マンガポストカードをいただきました。
ありがとうございます☆

竹井さんの漆マンガ展は終了しましたが、今までに見たことの無い新しいマンガの世界感を知ることが出来ました。
とても面白かったです!


丸十製麩本舗のご紹介 - 2016.12.13 Tue


本日のNHKあさイチはご覧いただけましたでしょうか?

西会津が誇る特産品の『車麩』を生産している
丸十製麩(まるじゅうせいふ)さんが生放送(全国放送)で紹介されました!!


 丸十製麩さんを経営されている3代目となる田崎さんご夫妻は、
20年程前より先代から受け継いだ製法で、車麩を守り続けておられます。 

IMG_3135.jpg


車麩の材料は、グルテンと強力粉のみで防腐剤は使っておらず、炭火でじっくり焼くことできれいに膨らみ、車麩の弾力も生まれるのだとか。

IMG_3132.jpg

IMG_3134.jpg

春先に私が丸十製麩を訪れた際も、工房の中は炭火の熱気でサウナ状態でしたが、夏場は屋根からの熱気と炭火からこみ上げてくる熱気で普通の人はクラクラして立っていられないほどの温度になるそうです。非常にハードな環境で田崎さんご夫妻は製造されているのです。

焼きあがったばかりの車麩はとても香ばしく、見た目はバームクーヘンやフランスパンの様にもみえます。
「車麩」は保存食として昔から会津では重宝され、煮物や汁物・揚げ物など一般家庭でも活用されています。

丸十製麩本舗のパッケージはこちらです!!!
皆様、お間違いのように。
車麩1


**購入に関して**
道の駅にしあいづ よりっせをはじめ、町内のスーパーや各商店で購入できます。
現在、ネット販売等は対応していないそうです。


■丸十製麩本舗
住所:西会津町野沢字原町乙2161-2
TEL:0241-45-3428

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にしあいづ観光交流協会

Author:にしあいづ観光交流協会
〒969-4406 福島県耶麻郡西会津町野沢字下條乙1969-26 道の駅よりっせ内
TEL:0241-48-1666
FAX:0241-45-3102
nishiaizu-kanko@nct.ne.jp

HP 
http://www.town-nishiaizu-kankou.com/
フェイスブック 
http://www.facebook.com/
nishiaizu.kanko
英語版ブログ
http://nishiaizutravel.blog.fc2.com/

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
イベント案内 (134)
イベント報告 (74)
自然 (21)
観光 (24)
歴史 (4)
文化 (8)
人 (6)
お店 (9)
その他 (19)
イベント関連 (27)
講座 (2)
10gatu (0)
西会津十三名山 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR