topimage

2016-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月9日 「ぶらり探訪野澤宿」 開催! - 2016.09.21 Wed

10月9日 「ぶらり探訪野澤宿」
もうおなじみ田崎敬修先生のガイドで野澤宿を歩きます。
先日の会津街道ウォークは日程があわなかった、または距離が長くて自信がなかったという方、チャンスです!
野澤宿に特化したガイド付きまち歩きです。
昼食は今年オープンして好評のふるさと自慢館内のレストランで当日のみの特別メニュー。
限定20名様。
要予約です。ぜひお早めにご連絡を!

野澤宿
スポンサーサイト

萱本神社と薬師堂 - 2016.09.16 Fri


西会津町尾野本地区萱本(かやもと)にある
萱本神社と薬師堂に初めていってきました。

↓萱本集落の外れにある龍蔵寺に車と停めて、まずは入ってみました。
IMG_6181.jpg

IMG_6182.jpg

IMG_6183.jpg

IMG_6187.jpg

IMG_6191.jpg

↓明治時代には尾野本小学校の校舎として使われていたそうです。
IMG_6192.jpg

寺子屋のような場所だったのでしょうか。
建物は修繕を加えながら形は当時の面影を残しています。
IMG_6193.jpg

↓こちらのは、修寮(しゅうりょう)と呼ばれている建物。
IMG_6194.jpg

こちらの建物も、窓から覗くと中は改築されていましたが、かなり古い建物でした。
IMG_6195.jpg

龍蔵寺の左側に進むと、萱本神社の看板と石段がありました。
IMG_6266.jpg

IMG_6198.jpg

苔生した参道をあがってきます。
IMG_6203.jpg

かつては、石段だったんでしょうか?今は木で整備されていています。
IMG_6205.jpg

萱本神社が見えてきました。ひっそりと佇んでいます。
IMG_6215.jpg

IMG_6216.jpg

IMG_6222.jpg

萱本神社から赤い屋根が見えたので、進むと薬師堂に着きました。
IMG_6230.jpg

IMG_6229.jpg

お堂の右手に小窓が開いていましたので、覗いてみると「おびんずる様」が祀られていました。
薬師如来は、鍵がかかっていたため拝見することができませんでした。
IMG_6232.jpg

薬師堂を過ぎて、参拝ルートが逆側からであったことに気が付きました。
石段を下っていくと・・・
IMG_6234.jpg

IMG_6236.jpg

薬師如来への正ルートはこちらからだったんですね。
IMG_6238.jpg

登り口から薬師堂までの中間に、子安観音堂もありました。
IMG_6240.jpg

IMG_6243.jpg

IMG_6245.jpg

IMG_6247.jpg

IMG_6252.jpg

IMG_6254.jpg

現在はだいぶ杉が伸びてしまったそうですが、昔は尾野本平が見渡せて景観もよかったらしいのです。
IMG_6255.jpg

石段を下ると、稲穂が黄金色にたなびき、白い蕎麦畑のパッチワークが綺麗でした。
見晴らしもよく、気持ちが良いスポットです。
IMG_6259.jpg

IMG_6263.jpg

IMG_6261.jpg

静かな時間を過ごすことができる場所を見つけてしまいました。
西会津町にある松尾神社もかなり雰囲気の良い場所ですが、萱本も心落ち着く場所だと思います。
春と秋には祭礼のため、地区の方々が清掃や管理をされているそうです。

次回は中の仏像を拝観してきたいと思います。

秋の野沢祭礼が開催されました! - 2016.09.15 Thu


 9/9~9/11にかけて「野沢祭礼」が行われました。

3日間続けて行われるこの祭礼では、野沢町内の3団体が
【1日目は、19:00~21:00頃に山車が町内を練り歩きます。】
【2日目は、午前中に山車・午後は子ども神輿と大人神輿が町内を練り歩きます。】
【3日目は、午前も午後も山車が野沢町内を練り歩きます。】

今回は、2日目の祭礼を取材してきましたので、様子をご紹介したいと思います。

午前9:30頃から各地区の本部を出発した山車は、諏訪神社を目指します。
そこでお祓いなどを済ませた山車をひいて野沢町内を練り歩きはじめます。
諸事情により、諏訪神社には間に合わず、10:30過ぎ頃に西会津町公民館付近で山車をひく行列に合流することができました。

IMG_5414.jpg

IMG_5417_20160915092242bfc.jpg

太鼓と笛のお囃子に合わせて、山車に続いて行列行進。
熊野神社と諏訪神社の宮司様は馬にまたがって野沢のまちなかを練り歩くのです。

IMG_5424.jpg

IMG_5491.jpg

IMG_5492.jpg

山車は子どもも大人にまざってひいています。
IMG_5506.jpg

山車が近づくとお囃子と共に、「ソーレッ!」という威勢の良い掛け声が聞こえてきます。
IMG_5581.jpg

11:30頃にはJR野沢駅の近くを通り、山車は各地区の本部へ戻っていきます。
午後一番は、子ども神輿がはじまり諏訪神社を出発した神輿は町内を巡っていきます。
ご祝儀を頂いたお宅やお店の前では、「景気をつけろ!」や「揉ーめ!揉ーめ!」という掛け代表の子どもが神輿にあがって扇子を振る光景がみることができます。

IMG_5623.jpg

↓会津では学問の神様として有名な「天神様」の神輿。これは会津ならではの神輿ですね。
IMG_5642.jpg

40年以上前から変わらぬ天神様のデザインで、代々、手直ししながら大切に使っているそうです。

子ども神輿でご祝儀を入れる袋もレトロ感がとても素敵でした。「ハナハル ホワイトリカー」の文字。
IMG_5620.jpg

15:00頃には子ども神輿も終わって、いよいよ大人神輿がスタートします。
現在、神輿団体は3団体あり【有志会(ゆうし)】【四五六会(すごろく)】【睦会(むつみ)】に分かれています。

今回は、四五六会さんの神輿に密着させていただきました!
まずは15:00に熊野神社(通称:熊野様)に集合。

IMG_5690.jpg

町外で暮らす若者も、この日はちゃんと帰省してきて参加していました。
なんとなく熊野様の境内にもお祭りの雰囲気が漂い、私もワクワク期待が高まってきました!!
IMG_5675.jpg

IMG_5678.jpg

IMG_5696.jpg

全員でお祓いを受けてから、神輿担ぎのポジションを決めたり、担ぎ方・掛け声の練習をしてから、
いざ出発!!

IMG_5714.jpg

IMG_5737.jpg

椅子に腰かけながら神輿を観ていたおばあちゃんたちも、神輿が近づくと立ち上がり笑顔で見守っていました。
IMG_5745.jpg
「昔はもっと若者も多くて、人数も団体も多くて賑やかだったんだよ」とおばあちゃんが教えてくれました。

民家が立ち並び、狭い路地裏にも「ワッショイ!」「ワッショイ!」という掛け声が響いている光景は、
しーんと静かな野沢の日常とは異なり、なんだかいつもと違う雰囲気の野沢を楽しめました。

IMG_5768.jpg

IMG_5790.jpg

神輿で周っている途中で、地区の方から振舞いが待ち構えています。
家庭によって、漬物だったり、海苔巻きだったり、砂肝だったり、蕎麦だったり、力餅だったり。。
もちろんビールやジュース、ポカリなども!
IMG_5764.jpg

IMG_5921.jpg

IMG_5924.jpg

IMG_5910.jpg

お手洗いも貸してくださったり、神輿を裏で支えてくれている地域の人がいることも知る事ができ、魅力的でした。
IMG_5794_20160915092730353.jpg

IMG_5822.jpg

IMG_5842.jpg

IMG_5861.jpg

一度だけ他団体とすれ違いました。
↓有志会さんの雰囲気はまた違い、威勢がよく迫力もありました!
IMG_5881.jpg

IMG_5908.jpg

神輿担ぎは夜まで続き、終了したのは20:30過ぎ。
付いて回るだけでも足が棒になりクタクタになったので(笑)
神輿の担ぎ手さんたちは相当、肉体的にも限界を超えていたのではないかと思います。

反省会はさらに夜遅くまで続き、翌朝からあた山車をひくというハードさ。。
それでも「全てを含めて、やっぱり祭りは楽しい!」笑顔で話すベテランの方の言葉が印象に残りました。

IMG_6019.jpg

各神輿団体の皆様、大変お疲れさまでした。
来年は別の団体さんの神輿もみて、雰囲気を感じてみたいと思います。

9月13日 「いでと岩屋まつり」が開催されました。 - 2016.09.14 Wed


西会津町奥川・出戸(いでと)集落にある岩屋虚空蔵尊において、
500年以上もの間、途絶えることなく脈々と受け継がれている縁日(祭礼)が9月13日に行われました。
平日であっても現在は毎年、9月13日に開催しています。

今年は、生憎の雨模様でしたが10時すぎに会場である出戸集落を訪れると、
すでに40名以上の参拝客が訪れていました。
受付で記帳と協力金をお渡しし、いざ参拝へ!(運営協力金は500円~)
P9130564.jpg

↓集落の方々の温かさを感じますね。手製の杖が貸出しされていました。
P9130566.jpg

杉並木の参道を進んでいきます。(晴れていたらきっと光が差し込んで素敵な杉並木だと思います)
P9130567.jpg

P9130568.jpg

緩やかな下り坂をしばらく進むと、1本目の丸太橋を通ります。
P9130570.jpg

P9130571.jpg
橋の下には、野尻沢という沢が流れています。
雨でしたので、沢水も濁っていましたが普段はとてもきれいな水かと。
P9130573.jpg

雨でぬかるみがひどく、登りも下りも滑るので慎重に進んでいきます。道を譲り合いながら。
P9130574.jpg

西会津町のイベントや祭礼に通ってくださっている方と、大聖歓喜天の祭礼以来の再会を果たしました!!
P9130575.jpg

その方から教えていただいた熊除けアイテム☆
P9130577.jpg
空のペットボトルを「ペコペコ」と音を鳴らしながら進むと熊除けの鈴代わりになるそう。
熊も鈴の音に慣れてきており、効果があまりなくなってきているらしいのです。
8/21付けの福島民友新聞でも紹介されていたようですので、皆様もぜひお試しください。

更にどんどん参道を進んでいくと、2本目の丸太橋を越えると岩屋はもうすぐそこです!
P9130627.jpg

最後に待ち構えているのは、100段以上ある石段です。
自然の石を切出して敷いたかなり角度かつ幅も狭い急な石段・・。
P9130631.jpg

P9130633.jpg

P9130635.jpg
参拝客の大学生(=若者)ですら、四つん這いになって恐る恐る上がっていくほど(苦笑)
雨+苔で滑りやすく、慎重に登らないといけなくて非常に怖かったです。

息を切らしながら登り切った先には、涼しげに湧水と趣ある岩屋が待ち構えていました。
中に入ると、集落の方が笑顔で出迎えてくださりお神酒を頂戴しました。
P9130586.jpg

P9130588.jpg

P9130594.jpg

まずは、おびんずる様が鎮座しています。
P9130589.jpg

この出戸のおびんずる様は、願い事『かなうときは重い(または軽い)』と念じてから持ち上げ、思っていた重さなら願いはかなうと言われています。
P9130590.jpg

P9130591.jpg

↓不動明王立像
P9130596.jpg

↓毘沙門天立像
P9130598.jpg

↓虚空蔵菩薩坐像
P9130599.jpg

お堂の中では、おみくじを引くことができます。
「協力金におみくじ代も含むからいいよ」とお代はおまけして頂いてしまいましたが、おみくじを引かせていただきました。
P9130607.jpg

スタッフの堀口より、「凶しか引いたことがない」という話を聞いていたので、
「凶が出やすいそうです」と一緒に参拝した方にも歩いている最中に話していたのですが・・・
集落の方が引いてくださったのは「87番」!!!
P9130610.jpg

果てして・・結果は??
P9130612.jpg

えっ??
だっ、大吉~!大吉だぁ~!!!!

P9130614.jpg

P9130619.jpg
「やったぁ~!!嬉しい!!」と喜んでいたら、
集落の方に「そんなに喜んでもらえるなら来年からは全部大吉にしたいくらいだ」と言われてしまいました(笑)

P9130621.jpg

P9130626.jpg

集落へ戻ってくると、お母さんたちの作ってくれた出戸集落名物の「豆腐汁」やお赤飯、お漬物、山菜料理などが並び、
お腹いっぱいご馳走になってきました!!
P9130637.jpg

P9130638.jpg

P9130639.jpg

P9130640.jpg
地元の方の温かみを感じることができる手料理のおもてなしも魅力のひとつです。

高齢化が進む集落で、祭礼を継続していくことは安易なことではありません。
それでも、この素朴な雰囲気の祭礼が続いていくことを願うばかりです。

第13回 西会津ふるさとなつかしCarショーが開催されます! - 2016.09.12 Mon


0001-010.jpg

今年も西会津ふるさとなつかしCarショーが開催されます!!

▶場所:さゆり公園(福島県耶麻郡西会津町登世島西林乙2529-10)
▶時間:9:30~14:30
▶入場料:無料(※運営協力金として車・バイク共に1台500円)
▶問い合わせ先:西会津クラシックカーで元気な町へ実行委員会事務局 0241-45-2025

今年もレトロなクラシックカーやスーパーカーが約300台ほどさゆり公園に集合します!
お子様連れでも楽しめるコーナーもありますので、ぜひ来週末は西会津町へお越しください。
昨年のイベントの様子はこちらから⇒こちらをクリック

【参加者募集】西会津の暮らし体験ツアー - 2016.09.06 Tue


   「自然豊かな場所で暮らしたい。家族との時間を大切にしたい。
                           のびのびとした環境で子育てしたい。」

移住。地方での子育て。ナリワイのこと。
先輩移住者にリアルな仕事、子育て、暮らしにまつわる話を聞きます。
暮らしの現場も見せてもらえるチャンスです!

ただし、家族でお子様連れでも楽しい体験ができるようなプランにしましたので、
お子様連れでも安心してご参加ください♪

最終校(秋)

最終校裏

詳細はチラシをご覧の通りですが、下記にも記載しておきます。

■日程:平成28年10月8日(土)~9日(日)
■集合・解散場所:JR会津若松駅
■募集定員:6名
■参加費:お一人様/9,800円。(小学生以上は50%、未就学児は要問合せ)
※1泊4食付き、体験料、保険料込。
■申込み・問い合わせ先:TEL&FAX 0241-45-2025 / e-mail sayuri@nct.ne.jp

《こんな方にオススメ!》
▶移住まではいかないが、現在の暮らしに対するモヤモヤとどこかを探している。
▶地域に関わりたい。あたらしいふるさとがほしい。
▶移住がしたい。移住後のこれからを考えてみたい。
▶多様な暮らし方、生き方、働き方に触れてみたい!

秋の3連休、西会津町で過ごしてみてはいかがでしょうか??

9/13 いでと岩屋まつり - 2016.09.02 Fri

西会津の一番奥、新潟県境も近い「出戸(いでと)」という集落に、なんと500年以上一度も途切れずに脈々と守り続けられている独特の信仰があります。

「岩屋虚空蔵尊」

聖(ひじり=諸国を廻って修行する僧)の修行の場で、昔から霊地とされている高陽山(こうようさん)の山すその岩窟に虚空蔵尊が祀られていて、かつては1月23日と4月13日に縁日が開かれ、近隣の人々が大勢参拝し、おみくじを引き、豆腐汁を食べ、無病息災を祈ったそうです。

毎年曜日関係なく9月13日と決まっている出戸虚空蔵尊の祭礼(昨年だけは諸事情により9月12日に開催)。
今年も13日に行います。

以前の祭礼の模様は→こちらをクリック


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にしあいづ観光交流協会

Author:にしあいづ観光交流協会
〒969-4406 福島県耶麻郡西会津町野沢字下條乙1969-26 道の駅よりっせ内
TEL:0241-48-1666
FAX:0241-45-3102
nishiaizu-kanko@nct.ne.jp

HP 
http://www.town-nishiaizu-kankou.com/
フェイスブック 
http://www.facebook.com/
nishiaizu.kanko
英語版ブログ
http://nishiaizutravel.blog.fc2.com/

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
イベント案内 (136)
イベント報告 (76)
自然 (21)
観光 (24)
歴史 (4)
文化 (8)
人 (6)
お店 (9)
その他 (19)
イベント関連 (27)
講座 (2)
10gatu (0)
西会津十三名山 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。