topimage

2016-02

冨士山スノートレッキング 無事終了しました! - 2016.02.22 Mon

昨日2月21日に西会津町小清水「冨士の郷」にて、恒例の冨士山スノートレッキングが開催されました。
記録的な暖冬、少雪の年、さらに朝から「雨」が降っていましたが、30名以上の方にご参加いただきました。

西会津の誇る名峰「冨士山」については以前のブログ記事→こちらをクリック



P2210296.jpg

P2210299.jpg
開会式。
折からの雨はやみました。

P2210304.jpg
代表、長谷沼さんの挨拶

P2210306.jpg
スタート前の準備体操

P2210309.jpg
登山口まで移動します。

P2210310.jpg
登山口からスノーシューを装着。

P2210311.jpg

P2210314.jpg

P2210316.jpg

P2210317.jpg

P2210320.jpg

P2210322.jpg

P2210324.jpg

P2210327.jpg

P2210328.jpg
野ウサギの足跡。

P2210330.jpg

P2210334.jpg

P2210339.jpg

P2210345.jpg

P2210346.jpg

P2210351.jpg
急登も30分ほどで終わり、最初の展望ポイントで軽い休憩。

P2210354.jpg

P2210362.jpg
最初の展望ポイントからは尾根伝いに緩い傾斜をいきます。

P2210365.jpg
今年はほとんどスノーシューの必要もなく、ツボ足でOKって感じです。

P2210366.jpg

P2210370.jpg

P2210371.jpg
磐梯山は雲の中でしたが、喜多方方面の会津盆地が見えました。

P2210377.jpg

P2210378.jpg

P2210380.jpg
ちょうど1時間程度で、山頂の冨士権現に到着。

P2210382.jpg

P2210384.jpg
この祠の下部は胎内くぐりになっていて、今回の我々のルートを登って参拝し、3回くぐると生まれ変われると伝わります。
私はつっかえちゃうかな(苦笑)。

P2210386.jpg

P2210388.jpg

P2210392.jpg

P2210395.jpg
下山は東側へ。

P2210397.jpg

P2210402.jpg
下りのお楽しみは肥料袋をお尻に敷いて、滑り台です(笑)。

P2210404.jpg

P2210406.jpg

P2210409.jpg

P2210414.jpg

P2210418.jpg
吹雪いたり、晴れたり、とにかく天候はコロコロ変わりました。

P2210419.jpg

P2210422.jpg
そして戊辰の役の激戦地、陣ケ峯峠に降りました。
ここはあの斎藤一も加わって戦った場所です。

P2210425.jpg

P2210429.jpg

P2210435.jpg
ここの清水はいつも水量豊富、とてもおいしいです。

P2210440.jpg
無事スタート地点の小清水に戻ると、集落の方々のあったかいおもてなしが。

P2210441.jpg
豚汁に納豆餅、きなこ餅。
おかげさまで冷えた体があったまりました。

P2210449.jpg

P2210438.jpg

P2210443.jpg
雪下キャベツや軟白ネギなどの直売も。これでお土産もばっちり。

P2210444.jpg

P2210451.jpg

P2210295.jpg
オマケ。
冨士の郷のマスコット犬、「はなちゃん」です。
ひとなつっこくて、いい子です~。

参加してくださった方々、ありがとうございました。
スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

また夏の冨士山山開きでお会いしたいですね!

萱本の人形様送りと百万遍 - 2016.02.12 Fri

野沢の東に萱本(かやもと)という集落があり、そこでは「人形様送り」という祭礼が毎年この時期に行われています。
刀や采配を持ったわら人形をつくり、それを持って村中を練り歩き、その後稲架の上に設置して村に悪疫が入ってこないよう魔除けとするものです。

昭和32年でいったんは途切れていたそうですが、自治区民の総意で平成10年に復活させ、復活後今年で19回目を数えるそうです。
また、かつては2月4日だったそうですが、今はだいたい祭日の2月11日に行われています。

P2110286.jpg
人形様送りを復活させた平成10年に集会所敷地内に安置された人形様道祖神。

P2110287.jpg


朝、集会所に集合し、まずは人形づくりから始まります。

P2110082.jpg

P2110088.jpg
それぞれ分担して各パーツづくりを。

P2110084.jpg
みなさん、縄ないはお手のもの。

P2110097.jpg

P2110099.jpg

P2110107.jpg

P2110111.jpg
これは何を作っているのでしょう。もう少しするとわかります。

P2110120.jpg
同じくこれはなにを?

P2110126.jpg
さらにこれも何を?

P2110129.jpg

P2110132.jpg

P2110139.jpg

P2110142.jpg
かつては人形はワラだけでつくってたそうですが、今は木の骨組みをつくってそれにわらをかぶせていきます。

P2110176.jpg

P2110194.jpg

P2110173.jpg

P2110178.jpg

P2110147.jpg

P2110149.jpg

P2110155.jpg

P2110156.jpg

P2110167.jpg
これは胴や足に最後に巻くものでした。

P2110168.jpg

P2110183.jpg

P2110190.jpg

P2110202.jpg

P2110205.jpg

P2110207.jpg

P2110217.jpg
腰に差す刀。

P2110222.jpg

P2110225.jpg

P2110228.jpg
これは蓑でした。

P2110237.jpg
指は結構リアル、親指と小指をしっかりわけて作ってあります。

P2110241.jpg
頭、そして腕などの肉付け。

P2110242.jpg
これは采配をつくっています。

P2110260.jpg

P2110255.jpg

P2110257.jpg

P2110268.jpg

P2110274.jpg

P2110275.jpg

P2110276.jpg

P2110277.jpg

P2110294.jpg

P2110312.jpg
お顔を。

P2110319.jpg
蓑を。

P2110323.jpg
刀を。

P2110326.jpg
ちょんまげを。

P2110328.jpg
采配を。

P2110339.jpg
完成。

P2110340.jpg

P2110341.jpg

P2110343.jpg

P2110349.jpg

P2110350.jpg
2体揃いました。
みなさん、分業して手慣れた感じでつくられてましたが、9時から開始し、12時前までかかりました。

P2110355.jpg
ここで昼休み。

P2110359.jpg
午後に再び集会所へ集合、外に出る前に厳かに祭礼を。

P2110365.jpg

P2110370.jpg
いよいよ人形様送り、村中を練り歩きます。

P2110373.jpg

P2110375.jpg
出発前に人形様道祖神に一礼。

P2110377.jpg
人形様二体をつないだ縄をみんなで持ちながら村中を練り歩きます。

P2110378.jpg

P2110382.jpg

P2110387.jpg

P2110391.jpg
鉦(しょう)をたたき、そのリズムにあわせてみんなで「人形さ~ま、お~くりだ~」と唱えながら歩きます。

P2110397.jpg

P2110398.jpg

P2110404.jpg

P2110406.jpg
萱本集落内には立派な古民家がいっぱいあります。これは一目でかつてお蚕やってたとわかるつくり。
趣きのある素晴らしい建物ですね。

P2110407.jpg

P2110412.jpg

P2110415.jpg

P2110418.jpg
朝は見えなかったんですが、午後にはこのとおり飯豊山が。
萱本から見る飯豊山も格別ですね。

P2110422.jpg
そしてぐるっと一周して集会所にもどり、人形様はサデ(稲架)の上に結わいて設置します。

P2110428.jpg

P2110439.jpg

P2110442.jpg
そして人形様送りが終わると、次は百万遍がはじまります。
京都・知恩寺から全国に伝えられたといわれる「百万遍」は、鉦をたたきながら、みんなで輪になり大数珠を回し、家や村に悪疫などが入ってこないように安全祈願する信仰です。
これも昭和30年代あたりで途絶えていたそうですが、人形様送りの翌年に復活、今回で18回目を数えるそうです。

P2110443.jpg
私がまず驚いたのがこの数珠。

P2110444.jpg
古い。
さらに不揃いで、一個一個想いのこもった手作りのようでした。

P2110445.jpg

P2110448.jpg
数珠の入っていた箱の底には「享保17年(1732)」の文字が。

P2110449.jpg
そしてそのときこの数珠を寄進した7人の名前が刻まれています。

P2110450.jpg

P2110458.jpg
百万遍は、大数珠を持ってみんな輪になって座ります。
その真ん中には鉦をたたく人と数を数える人が座ります。

P2110459.jpg
鉦のリズムにあわせ、「南無阿弥陀仏」と唱えながら、反時計回りに順々に数珠を送っていきます。

P2110468.jpg

P2110470.jpg

P2110477.jpg

P2110479.jpg

P2110482.jpg
そして自分の前に大きな玉が回ってくると、それを祈りを込めて額に持っていってつけます。

P2110483.jpg

P2110484.jpg
そして終了。

P2110489.jpg

P2110492.jpg

P2110496.jpg
その後続いて直会(なおらい)。
私は初めての方がほとんどでしたので、区長さんにお時間いただき、自己紹介からさせていただきました。

P2110497.jpg
同気食堂の鍋をいただきながら、いろんなお話をうかがいました。
区長さんもおっしゃっていましたが、何も派手な観光地だけにしかお客さんは来ないわけではない、ここのようなのんびりとした地も喜んでくれる人は少なくないはずだ、と。
萱本には地元愛にあふれた方々がいっぱいいらっしゃり、だからこそこうやって伝統的な祭りが復活して続けられてるのですよね。
観光交流協会への期待を話してくださった方も多く、私も情報発信、そして交流人口拡大へどんどん仕掛けていきたいと思います。


2月21日 第4回 「展望と祈りの山」 冨士山スノートレッキング 開催! - 2016.02.09 Tue

あまり知られてないかもしれませんが、西会津町にも「ふじさん」があります!詳しくは→こちらをクリック

標高こそ508.8mと低いですが、1803年~1809年に編纂された「新編会津風土記」にも記述がある由緒正しい信仰の山です。
国土地理院の地図には「本家」富士山と同じ「うかんむり」の「富士山」と表記されていますが、地元西会津町では点のない、「わかんむり」の「冨士山」という名で親しまれています。

その西会津の冨士山で21日にスノートレッキングが行われます。
こちらは初心者でも大丈夫です。
晴れていれば飯豊山の展望最高!
よかったら「厳冬期の冨士山の頂上に立ったよ~」と仲間を驚かすネタづくりに参加してみませんか?(笑)


2月15日追記
集合場所の小清水へは何ルートかあるのですが、そのひとつ陳ヶ峰峠ルートは冬季閉鎖なので車で来られる方ご注意ください。会津若松や喜多方方面よりお越しのかたは、立岩~泥浮~小清水ルートが便利です。

大山祇神社 旧正月二年詣り - 2016.02.08 Mon

毎年恒例、大山祇神社の旧暦元旦祭の御祈祷が本日の午前0時から行われました。

大山祇神社 旧正月二年詣り

P2070005-001.jpg
まずは新年を迎える前、22時15分から歳の神点火。
行くとすぐに御神酒をいただき、みかん、そしてスルメも無料で、みなさん思い思いに焼いて食べて無病息災を祈りました。

P2070009-001.jpg

P2070010-001.jpg

P2070011-001.jpg

P2070024-001.jpg

P2070026-001.jpg
その後は休憩所へ。どぶろくをいただき、

P2070035-001.jpg
限定100食の年越しそばをいただきます。

P2070036-001.jpg

P2070039-001.jpg
スルメ、どぶろく、そばの年越し3点セット。
おそばはほんとに絶品!

P2070040-001.jpg
さらに納豆もち、あんころもちも振る舞われました。
いろんな方とお話ししているうちに新年が近づいてきました。
やばい、年内にまずお参りをしないと、二年詣りにならない(苦笑)、と。
あわててお参りに。

P2070043-001.jpg
そしてついに新年を迎えました。

P2080049-001.jpg
一度に2年にわたってお参りすることで心願成就を果たせると言われています。
私ももう一度。

P2080053-001.jpg
そして、元旦祭祈祷を申し込まれた方は、遥拝殿の中で御祈祷が始まります。

P2080057-001.jpg
御祈祷は0時から午前1時くらいまで続きました。

P2080059-001.jpg

P2080061-001.jpg

P2080064-001.jpg
私はさらにおもてなしを受けて、大盛のおそばをいただき(なぜかおかわりごとに盛りが大きくなっていく不思議(苦笑))、どぶろくとともに身も心もホンワカと満たされた二年詣りでした。

中野地区のみなさん、お疲れ様でした。
本年もよろしくお願いいたします。

第26回西会津雪国まつり開催します♪ - 2016.02.02 Tue

年が明けてからあっという間に、2月をむかえてしまいました。
例年に比べて非常に雪の少ない西会津町です。
さて、今月開催のイベントのご紹介です。
2016.2.13sat.-14.sun.“第26回西会津雪国まつり”が開催されます☆
0001-002.jpg

0002.jpg

【日時】
2月13日(土)15:00~18:30
2月14日(日)9:30~15:00


【会場】さゆり公園(福島県耶麻郡西会津町登世島字西林乙25259-10)
会場地図はコチラをクリック
●JR磐越西線 野沢駅より約1.5km
●磐越自動車道 西会津ICより約4km

◇1日目おすすめイベント◇
ホワイトステージ(15:00~18:00)
出演決定アーティスト
1.ひとりぼっち秀吉BAND<左から>Bass ホリ・ユナイテッド Dr ヨギ Vo&Gt ひとりぼっち秀吉shiawasenoyukue_-thumb-500x326-thumb-510x332-thumb-520x338-thumb-350x227-thumb-400x259.jpg

2.磯部 正文(HUSKING BEE)
ISOBE_Main_S-thumb-401.jpg
福島ゆかりのアーティストが出演します♪
入場料は無料です!!
※町HPにて出演アーティストが発表されますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ホワイトステージを楽しんでから、キャンドルナイトや雪上花火など暗くなってからも楽しめるイベント盛りだくさんです★

◇2日目おすすめイベント◇
2日目は参加型イベント盛りだくさんですよ~♪
【お子様向け】
1.≪参加者募集中≫新潟アルビレックス新潟サッカー教室“ドリブルクリニック”(事前予約制)
2.丞神デナーショー(14:00~14:30)
3.≪参加者募集中≫桐ゲタ飛ばし全国大会(11:30~13:00)
4.≪参加者募集中≫雪上運動会
DSC_0051.jpg

【大人向け】
1.第1回ジョセササイズ全国サミット(10:30~11:30)
西会津町発祥の「ジョセササイズ」!詳細はHPをご覧ください。日本ジョセササイズ協会HP
SUMMIT_2016-01 (1)

2.桐ゲタ飛ばし全国大会(11:30~13:00)
3.雪上運動会(13:00~14:00)
せっかく会場に足を運ぶなら、イベント参加をおすすめします!
雪国ならではのなかなか体験できないイベントを企画していますので、皆様のご参加をお待ちしております。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にしあいづ観光交流協会

Author:にしあいづ観光交流協会
〒969-4406 福島県耶麻郡西会津町野沢字下條乙1969-26 道の駅よりっせ内
TEL:0241-48-1666
FAX:0241-45-3102
nishiaizu-kanko@nct.ne.jp

HP 
http://www.town-nishiaizu-kankou.com/
フェイスブック 
http://www.facebook.com/
nishiaizu.kanko
英語版ブログ
http://nishiaizutravel.blog.fc2.com/

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
イベント案内 (134)
イベント報告 (74)
自然 (21)
観光 (24)
歴史 (4)
文化 (8)
人 (6)
お店 (9)
その他 (19)
イベント関連 (27)
講座 (2)
10gatu (0)
西会津十三名山 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR