topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥井峠周辺 越後街道旧道調査 - 2017.04.29 Sat

昨年行った会津街道ウォークである程度は旧道のルートは同定できたのですが、まだ完璧ではなくさらなる調査を継続中です。


今回は八ツ田の歴史に詳しい方にお願いして、鳥井峠の八ツ田側の道を調査。
越後街道かその側道かは不明ですが、かつては鳥井峠から熊野神社へ抜ける道があったとのこと。

P4280255.jpg
実際には明治以後の三方道路そしてその後バス道路をつくる段階で現在の鳥井峠は鞍部を開削されていると思われますが、現在の峠の八ツ田側に確かにそれっぽい道形を発見。

P4280258.jpg

P4280261.jpg
かつてこの道が国道だった時代の名残の道路標識。

P4280267.jpg
私は今までかつて鳥井峠に一軒だけあった茶屋「両国屋」の場所は現在の鉄塔のふもとだと思ってたのですが、今回お話を伺い違う場所だということがわかりました。

P4280270.jpg
峠からの道。
今回は予定が変わり午前中しか時間がとれなかったので、実際には歩けませんでしたが、またしっかり調査したいと思います。

P4280273.jpg
写真ではわからないと思いますが、ひとすじの道形がみてとれます。

P4280277.jpg
ふと案内してくださった方が崖の下をのぞき込んでいるので何だろうと思ってみてみると。。。

P4280279.jpg
なんと石積みが。

P4280280.jpg
明治以降、三方道路のさらに後、バス道路に拡張したころに作った石垣だと思われます。

P4280281.jpg

P4280283.jpg
確認できるのはこの一ヶ所だけで、結構貴重な遺構ですね。

P4280284.jpg
その後、今日は時間の関係でルートを踏査するのをあきらめ、反対側の熊野神社へ。
ここは昨年の会津街道ウォークでもオプションとしてご紹介させてもらいましたが、とても長い石段が続きます。

P4280285.jpg

P4280288.jpg

P4280290.jpg

P4280294.jpg
神社の境内は飯豊連峰の絶好の展望台。

P4280295.jpg
境内東側から道形が残っていましたが、その先は尾根の方へ。
いわゆる越後街道ではないと思われますが、貴重な古道ルートとして、後日また調査したいと思います。

スポンサーサイト

今日(4/19)の奥川・小屋集落のカタクリ情報 - 2017.04.19 Wed

今度の土曜日22日に予定されているカタクリ鑑賞会(こちらをクリック)。

その場所となる奥川・小屋集落の今日の状況の写真を送っていただきました。
まだちょっと早い感じですが、すでに咲いているのも多く、楽しめます。

2年前のカタクリ鑑賞会の模様は→(こちらをクリック)。

当日はキノコ汁等のお振舞いもあります。
22日、ぜひ西会津へお越しください。



DSCN0644 (1)

DSCN0645.jpg

DSCN0646.jpg

DSCN0647.jpg

DSCN0648.jpg

【4/23 トレッキングが中止となりました】 - 2017.04.12 Wed

【トレッキングが中止となりました】

4月23日(日)に予定しておりました、
春の百戸沼・木地夜鷹山トレッキングが中止となりました。

例年にない融雪の遅れで残雪量が多く、雪崩の危険が懸念されること。
長谷川の水量が多く、渡渉が困難であること。

上記が中止の理由となります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

平成29年度 にしあいづ観光交流協会主催イベント日程 - 2017.04.06 Thu

まだ多少の変更はあるかもしれませんが、今年度のにしあいづ観光交流協会の主催イベントの日程を発表します。

5/27-28 【新】僕らの手でいにしえの道を復活させようプロジェクト(第1回)
 今年度のメイン事業に位置する道普請イベントです。
(今年度は5/27-28 7/16-17 11/4-5の3回。来年度も続く)
 車峠から白坂・宝川区間のすでに崩壊して通れなくなっている箇所の整備再生を、束松峠の「歩く県道整備」で実績のある東北芸術工科大田賀特別講師とタイアップして行います。
 本事業は地域住民と他地域からの参加者が協働し、実際に利用する街道そのものを周囲の自然と調和的に整備する市民普請観光事業です。
 道を自らの手で施工する。昨年までの「ただの」草刈り整備でなく、道を「つくり」ます。
 観光者と地域住民が作業を通じて交流することで、もてなす側ともてなされる側ではなく、作業の苦労を共有し実際の道をつくりあげていく意識共有を目論む参加型観光事業を目指します。

6/4 第2回奥川七観音ウォーク 
 奥川みらい交流館スタートゴール、反時計回りに周遊。奥川七観音を巡る約12kmのウォーク。御朱印帳つき。

6/24 第2回越後裏街道・花立峠ウォーク 
 越後裏街道、真ケ沢スタート、小綱木(西光寺)、大舟沢(馬頭観音堂)を通って山都へ。宮古・深沢ゴール。

7/2 【新】越後口戊辰の役史跡巡り
 来年の戊辰の役150周年に向けて、越後口の戦いの戦場となった場所を巡るツアー。 
 細かい内容は未定ですが、越後本街道を中心に裏街道も含め、西会津町内の白坂、車峠、野沢、樟山、井谷、真ヶ沢、陣ケ峰などの戦場となった地を巡ります。
 講師は昨年の会津街道ウォーク第5回でおなじみの石田明夫先生です。

7/16-17 僕らの手でいにしえの道を復活させようプロジェクト第2回

7/30 第2回男滝・女滝シャワーウォーク 
 かつての修験の場、鬼光頭川源流の名瀑、男滝・女滝を目指すウォーキング。沢通しに歩き、途中の滝でも遊びます。

9/16-18 【新】会津街道リアル参勤交代ウォーク
 新発田を出発し、かつての参勤交代の距離で初日津川宿、2日目野澤宿に泊まり、3日間で会津若松まで至るウォーキング。
 距離を体感することを第一の目的とし、史跡めぐりは大幅に省く予定です。
  9/16 新発田→赤谷→綱木→新谷→諏訪峠→津川泊 約35km
  9/17 津川→野村→八木山→鳥井峠→白坂→車峠→下野尻→野澤泊 約38km
  9/18 野澤→軽澤→束松峠→天屋→片門→坂下→若松 約34km

10/15 【新】西会津ジオツアー
 河岸段丘、漣痕、グリーンタフ、柱状節理、鉱山跡、凝灰岩、流紋岩など、西会津の多彩な地質、地形に注目してそれを巡ります。講師は地質のスペシャリスト、にしあいづ観光交流協会副会長、田﨑敬修先生です。

11/4-5 僕らの手でいにしえの道を復活させようプロジェクト第3回

11/26 第3回 越後(会津)街道サミット 
  今回は一昨年と同様、再び西会津で行います。 登壇者、講演内容は未定です。


みなさん、奮ってご参加ください。

合言葉は「西会津であいませう」


今年も西会津わくわくイベントスタンプラリースタートの季節。 - 2017.03.29 Wed

一昨年、昨年とご好評いただいた「西会津わくわくイベントスタンプラリー」。

今年は西会津町内16イベントが対象です。

にしあいづ観光交流協会の主催イベントしては
6月4日 奥川七観音ウォーク
7月2日 越後口戊辰の役史跡巡り
7月30日 男滝女滝シャワーウォーク
の3つがスタンプラリー対象イベントとなっています。
(こちらで発表する前に載っちゃってますが、観光交流協会の来年度の主催イベントの予定も近日中に発表いたしますのでよろしくお願いいたします。)

このスタンプラリーは2つ以上のイベント参加で1口申し込め、たくさんスタンプ集めればそれだけ当たる可能性がどんどん高まります。

みなさん奮ってご参加ください。



0002_201703291607085e8.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にしあいづ観光交流協会

Author:にしあいづ観光交流協会
〒969-4406 福島県耶麻郡西会津町野沢字下條乙1969-26 道の駅よりっせ内
TEL:0241-48-1666
FAX:0241-45-3102
nishiaizu-kanko@nct.ne.jp

HP 
http://www.town-nishiaizu-kankou.com/
フェイスブック 
http://www.facebook.com/
nishiaizu.kanko
英語版ブログ
http://nishiaizutravel.blog.fc2.com/

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
イベント案内 (136)
イベント報告 (76)
自然 (21)
観光 (24)
歴史 (4)
文化 (8)
人 (6)
お店 (9)
その他 (19)
イベント関連 (27)
講座 (2)
10gatu (0)
西会津十三名山 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。